赤ら顔の原因を種類別に分けて紹介!あなたの顔が赤い原因は?

顔が赤く見える赤ら顔、別に恥ずかしい訳でもないのに赤くなり
コンプレックスを感じている貴方へ。

赤ら顔はいろいろな種類があり、そのパターンにより原因も変ってきます。
赤ら顔の幾つかの種類と原因を紹介したいと思います。

赤ら顔の種類!種類は豊富なので間違えないように注意

乾燥での肌荒れ

肌が乾燥すると水分量が減るのでバリア機能が低下して、少しの刺激にも
対応しずらくなります。

そのため、ささいな刺激にも反応して肌トラブルで肌荒れを起こし皮膚がデリケートになるんですね。

肌荒れにより、肌がつっぱったり、かぶれなどで赤みかかった肌になります。

ニキビによる赤ら顔

ニキビは皮脂分泌が多い部分にできやすく、炎症などをおこし
赤ら顔になる可能性があります。

ニキビができやすい人に多く、短期間で治らず長期間ニキビができた状態でいれば、
その部分の肌が色素沈着をおこし赤ら顔になってきます。

遺伝による赤ら顔

両親のどちらかが赤ら顔なので、遺伝をして赤ら顔になったのではないかと
思われている人もいるかと思います。

親に皮膚の疾患があったり、肌が白いと子供も同様に皮膚に疾患や
色白で生まれてくる事があります。

赤ら顔自体は遺伝する事は少なそうですが、肌の性質が遺伝して赤ら顔になる
可能性はあります。

種類別赤ら顔の原因

乾燥、肌荒れからなる赤ら顔の原因

乾燥により肌の水分量が減少したことで、肌がカサツキ肌トラブルなどで
皮膚が敏感に反応して肌荒れからの原因。

赤ら顔が肌荒れからくる原因は、水分が減少したことで保湿不足になっているので
肌に潤いが弱まって肌トラブルをおこす原因になり十分な保湿を与えケアをすることが大切です。

ニキビからなる赤ら顔の原因

ニキビ等ができても、何もせずそのまま放置して悪化させたり、ニキビを潰したことで
色素沈着を起こさせたことが原因になることもあります。

ニキビができたら直ぐにケアをすることが大切です。

また、ニキビが治っても後遺症で赤ら顔になる可能性もあります。

遺伝からなる赤ら顔の原因

生まれつきの為、親が皮脂分泌量が多かったり、皮膚が薄く血管が透けやすく自分も同じ
だとしても肌の性質が同じで特定するのは難しいです。

赤ら顔は色々な種類があり、種類によって原因も違ってきますので自分の種類と原因を見極め
自分にあったケアをすることが大切です。

赤ら顔の原因は色々ありますが大部分は肌の乾燥からくるので、保湿が重要になります。

保湿をする事で肌荒れや肌トラブル等も良くなり赤ら顔だけではなく肌全体の
ケアにもつながります。