皮膚科での赤ら顔の治療方法のまとめ!レーザーの治療期間や費用

顔が赤くなってしまう赤ら顔、人前に出るとき恥ずかしく思う時があるので
皮膚科に通って改善しようと思っている貴方。

皮膚科ではどういう治療をするのか、痛くないのか費用はどれくらい掛るのか
不安になりますよね。

皮膚科での治療方法やメリット、デメリットを紹介したいと思いますので
病院での治療を考えている人は参考にして下さい。

皮膚科での赤ら顔を治療する方法は2種類

・内服薬
・レーザー、光治療

内服薬や塗り薬を使った方法

皮膚科では保険が効く抗生物質や漢方の内服薬が主に処方される事が多いです。
塗り薬はステロイドを処方するところが多いです。

レーザー治療

赤ら顔はレーザーの治療が有効的で色々な皮膚の状態を医師が判断をして、
その状態にあったレーザーを組み合わせたりして適切な治療をします。

レーザーを患部にピンポイントで当て治療をするので正常な皮膚を傷つけることなく、
痕も残さずに治療します。

レーザー治療に掛かる費用

病院によって違いはありますが、1回のレーザー治療は2万円前後になります。

1回で治ればいいんですけど、完治するには5回~10回ほど
治療することになります。

診察代なども含めると費用は全部で約13万~25万円ほど掛ります。

完治するのにかかる期間

レーザー治療をして照射後、3週間~6週間ほど間をあける必要があるので
半年~1年ほど完治するのにかかります。

レーザー治療のメリット

レーザーで肌表面の浮き出ている毛細血管を破壊させるので、
治療された部分は高い効果が得られます。

治療時間は短く、回復するのも比較的短い期間ですみます。

レーザー治療のデメリット

治療後は数日の期間赤みが出たり、腫れたりすることがあり又、人によっては
治療した部分にカサブタができる事もあります。

1回の治療では十分な効果を得ることは少ないので、期待する効果が出るまでには
数回通って治療する事になります。

1回で効果が出れば良いけど、何回レーザー照射すれば効果が出るかわらないし
何回やっても期待した効果は無い可能性もあります。

お金に余裕がある人なら良いけど、レーザー治療費は高いので
何回も治療する事になった場合は、高額になり治るとは限りません。

赤ら顔治療の為クリニックを選ぶ場合は何回も通う可能性があることを忘れずに、
評判や1回のレーザー費用などを考慮して選ぶと良いと思います。

また、皮膚科治療でのデメリットなどで迷う事があれば
それ以外にも化粧水や薬での治療方法があるので考えてみてはいかがですか。