赤ら顔の3つの治療方法のメリットとデメリット!顔が赤いのをどうにかしたい

顔が赤く見えて恥ずかしいけど、赤ら顔の治し方がわからない。

人は相手を見る時、初めに見るのは顔だと思うんです。

でも、赤ら顔だと変な顔に見えてないかと思ったりして
自分に自信が持てなくなったりします。

顔が赤いのをどうにかして早く改善したいですよね。

赤ら顔の代表的な治療方法を3つ紹介したいと思います。

  1. 皮膚科
  2. 化粧水
  3. 薬、漢方

赤ら顔を治すのに上に述べた方法で多くの人が改善しています。

このサイトで紹介しているのはあくまで治療方法となります。人気の化粧品や化粧水については下記のサイトのような実際に体験談を紹介しているサイトを参考にすると良いかと思います。

赤ら顔の化粧水おすすめ人気ランキング

皮膚科で治療する方法

皮膚科で治療機などを使って治す場合は一般的にレーザー治療が多いです。
光治療と呼ばれる方法もありますが、美容皮膚科によっては行なっていないです。

ここで紹介している皮膚科とは美容クリニックとなるので、通常の病院ではほとんど行なわれていない治療方法です。

レーザー治療

赤ら顔(毛細血管拡張症)の治療で効果が期待できる方法として
レーザー治療が有ります。

患部にピンポイントで治療ができるので、まわりの皮膚には影響はなく
入院や手術の必要はありません。

光治療(フォトフェイシャル)

IPLという特殊な光を肌に照射して治していく方法です。

レーザーみたいにピンポイントに照射するのではなく光を顔全体に当て、
赤ら顔以外にもシミなど肌トラブルにも期待されます。

硬化療法

硬化剤を血管に注射してすぐに弾圧包帯で圧迫することで、
血管の内側をくっつけて繊維化させる治療方法です。

化粧水で治療する方法

赤ら顔といっても色々なタイプがあります。

幾つか上げると肌荒れ、生まれつき、脂漏性皮膚炎、ニキビ、にきび跡などと
いくつもタイプがあるように化粧水も症状にあった物でスキンケアをしましょう。

総合的に赤ら顔に有効な化粧水

保湿が重要になるので保湿成分が多く配合され、
肌の潤いを保たれる物。

赤ら顔は刺激に左右される事が多いので刺激が少ない成分の物。

炎症を治める成分の物。

上に述べた成分は赤ら顔を治すのに大切なものなので、
これらの成分は配合された化粧水が効果的です。

薬、漢方で治療する方法

薬や漢方での治療薬はあまりありませんが、上げれば
清上防風湯になります。

赤ら顔の治療方法のまとめ

赤ら顔の治療方法を3つほど上げましたが、治し方が変ればそれぞれ
メリット、デメリットも違ってきます。

赤ら顔は早く治したいですよね。自分にあったタイプの方法をみつけて
治療し治してください。

治し方やメリット、デメリットを知りたい人は、個別のページに書いてありますのでご覧下さい。

赤ら顔の化粧水の選び方!4つのタイプ別に化粧水を選ぶ

赤ら顔、見た目もあまり良くないので改善してなくしたいですよね。

クリニックで治すか、自宅で化粧水を使って治すか迷います。

クリニックだと通うのも面倒だし、費用も高額になる可能性があるので
化粧水で改善しようと思っている人は沢山います、そういう方は参考にして下さい。

赤ら顔を改善する為の化粧水

化粧水は肌の状態にあった物を選ぶ事がのぞまれます。

化粧水には肌の改善に適した成分が色々異なって配合されているので、
自分の肌の状態にあっているかで効果が違ってきます。

赤ら顔は大きく4つのタイプに分かれます。

・肌荒れでの赤ら顔
・生まれつきでの赤ら顔
・脂漏性皮膚炎での赤ら顔
・ニキビ、ニキビ跡での赤ら顔

上の症状の赤ら顔でも化粧品の成分は微妙に変ってきます。

肌荒れでの赤ら顔

毛細血管が乾燥肌などでかぶれたり、肌トラブルで炎症を起こしているので
炎症を抑える成分が配合されている化粧水が効果的です。

生まれつきでの赤ら顔

色白の人が多く温度の変化等でも顔が赤みがかってきたりするので、
刺激を抑える成分や敏感肌用の化粧水が効果的です。

脂漏性皮膚炎での赤ら顔

皮脂分泌が過剰におこなわれる為、肌が炎症を起こしかぶれたりするので
ビタミンC誘導体配合の化粧水が効果的です。

脂漏性皮膚炎になると肌がかさついた部分と皮脂でべたつく部分があり、
痒くなる事も有ります。

ニキビ、ニキビ跡での赤ら顔

ニキビは炎症を起こすと肌細胞がダメージを受け炎症が引いても内部では
血流が滞りニキビ跡が残りやすくなります。

同じような部分でニキビが何度もできると炎症がおきやすくなり、
赤みがおさまりにくく赤ら顔になります。

ニキビでの赤ら顔は毛穴が詰まって肌が炎症を起こしている状態なので、毛穴を重点にした
スキンケアでビタミンC誘導体や保湿成分が沢山配合された化粧水が効果的です。

上に述べたように化粧水は自分の肌の状態に合ったものが効果的です。

化粧水でのメリット

自宅で出来るので自由な時間に、スキンケア感覚で苦にならない。

レーザーなどと違い痛みなどは無く、費用も安く済む。

化粧水でのデメリット

自分の肌の状態を見極め化粧水を選ぶのが難しい。

肌の状態に合わせて化粧水を複数使うのは大変。

赤ら顔化粧水のまとめ!1本で済む赤ら顔用化粧水

自分にあった赤ら顔治療の化粧水はどれだろうと迷いますよね。

化粧水の効果は肌の状態でかわって来ます。

混合肌の場合、それぞれに合わせた化粧水をいくつも揃えるのは大変、
まして自分の肌になじまなければ赤ら顔が悪化するかもしれません。

でも赤ら顔用の化粧水がありそれだといくつも揃えなくても、
赤ら顔に効果的な色々な成分が配合されているので使用されている人が増えています。